葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀のお焼香の手順を学んだこと
葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀の際のお焼香の作法

PAGETITLE
物心ついてから参列した葬儀ではたくさんの人のマナーを見てきました。人の振り見て我が振りなおせとはよく言ったものだと思う場面もたくさんあります。葬儀に来る人で派手な洋服だったり他の参列者と同窓会気分で盛り上がっている人を見るとなんだか情けなくなったりもします。お焼香のやり方も知らない人がいて、大きな声で聞いている人までいたことがありました。大人のマナーとして知っていて欲しいことです。焼香は弔うために香を焚くことです。線香は火をつけるのに時間がかかることがありますので、葬儀では使われません。宗教によって違うかもしれませんが、たいていは抹香が使われています。葬儀場では立礼で焼香をすることが殆どです。焼香に向かう前に斎場の係員の指示で並んでから順番に前に進みます。

焼香台に進んでいく前にはご遺族に一礼してから行きます。焼香代の少し前で止まり遺影を位牌を見てとまってから台のすぐ前まで行きます。手を合わせてから抹香を右手の親指と人差し指と中指でつまんで目を閉じて額の高さに持ち上げます。それを香炉にいれる動作を3回くらい繰り返します。また遺影に手を合わせてご遺族に一礼してから席に戻ります。長いですが、一連の動作として覚えるのは簡単です。ごく近しい人の葬儀のときはもう何がなんだかわからなくなっていますので、殆ど覚えていたことがありません。宗派によって作法が違うこともありますが、前にやっている人の様子をみればすぐにわかると思います。

最近の急上昇ワード中古車関連のハナシは、ココをブックマークしましょう

Copyright (C)2017葬儀のお焼香の手順を学んだこと.All rights reserved.