葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀のお焼香の手順を学んだこと
葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀の時のお焼香の作法

PAGETITLE
葬儀にあまり参列した事がない私は、いつもお焼香の時に何回すればいいか分からず前の人が何回するかをじっと見続けて、前の人が1回のお焼香の人が多ければ1回で3回の人が多ければ3回でという、右に習えのお焼香をいつもしています。お焼香の正式な作法も分からず、作法も前の人の作法を見て真似をしてお焼香しています。しかし、いい年をしてさすがに毎回前の人をじっと見てお焼香をしていたのではさすがにまずいと考えて正式なお焼香の作法を勉強する事にしました。

本屋さんで冠婚葬祭の本をいろいろ見て、一番分かり易い冠婚葬祭の本を購入しました。葬儀の作法が事細やかに書かれており、今まで自分が葬儀の正しい作法を知らなかったを痛感しました。今までお焼香の時に、前の人を見て真似てお焼香をしていましたが、本来の作法を読んで全然違っていた事を知りました。作法もかなり違っていましたが、お焼香の時に左手に数珠をかけていなければいけなかった事を本を読むまで全く知らず、作法を知っている人から見れば自分のお焼香が相当変だった事を今更ながら恥ずかしく思いました。お焼香の回数は、宗派によって違う事も知りました。正しい葬儀の作法を勉強して、作法の意味も知りもっと早く勉強するべきだったと思いました。今度から葬儀に参列する時には前の人の動きを見ずにきちんと対応出来ます。今まで周りの人の動作が気になり、その事ばかりに意識が集中していましたが今度からは、心から故人を悼む事が出来ます。

Copyright (C)2017葬儀のお焼香の手順を学んだこと.All rights reserved.