葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀のお焼香の手順を学んだこと
葬儀のお焼香の手順を学んだこと

お焼香のときに思うこと、葬儀のときに思うこと

PAGETITLE
葬儀には、きっといろいろな気持ちの人が来ると思います。そのほとんどが悲しみだと思うんです。葬儀にかけられた人によっては、お疲れ様という気持ちになるのかも知れません。それでも、葬儀は泣く場所ではないんです。いくら悲しくても、泣くべき場所じゃない、むしろ、泣くのは失礼なのです。泣くのであれば、葬儀が終わった後、自分の時間を使って泣くのが本当の礼儀であり、本当にその人の死をいたんでいるのであれば、そうすべきです。葬儀とは儀式、粛々とこなさなければならないのです。それがどんなにつらくても、です。そして、その死に疑問を持つことは、一番やってはいけないことです。なぜ?どうして?そんな疑問は、葬儀に持ち込むべきではないのです。

お焼香は、葬儀で参加者も出来る供養です。そのお焼香で、何を思い、そして、その人の死をどう感じるのか、それはその人にしかわからないことです。悲しんでいるかもしれません、もしかしたら、喜んでいるかもしれません。しかし、その人がどう思おうが、どう考えようが、供養はきちんとすべきだと思います。お焼香というのは、お香を撒くことで極楽浄土を死者に想起させて導いてもらうという意味があります。死者を尊いと思えない人は、それすらおろそかにするでしょう。私は、お焼香するときくらいは皆同じように死者を供養する気持ちを持ち、礼儀を持って供養して欲しいと思っています。たとえ憎くても、わからなくても、事実は目の前にしかないのですから。

最近の急上昇ワード中古車関連のハナシは、ココをブックマークしましょう

Copyright (C)2017葬儀のお焼香の手順を学んだこと.All rights reserved.