葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀のお焼香の手順を学んだこと
葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀のお焼香の仕方がわからなかったら

PAGETITLE
葬儀の儀式の中に、故人を弔うためにするお焼香というものがあります。お香には線香と抹香と呼ばれる種類がありますが、お焼香のときに使われるのは抹香と言われるもののようです。和尚さんが経を読み終わった後などに焚くものです。これは正確には右手の親指と人差し指と中指で抹香を少しつまみ、目を閉じながら額のあたりまで手を持っていきます。そして、それを一度下の抹香入れの中に置いてある火のついた容れ物上に落とします。大抵はこれを1?3回くらい行います。この回数に関しては、属する宗派や個人によっても様々なようなので、周りの人の回数に合わせて行うと良いでしょう。

では、いきなりの葬儀や仏事に呼ばれてやり方がわからないまま参加した場合はどうすれば良いでしょうか?おそらく、誰もができるだけマナー違反はしたくないでしょう。こういうときは、前にやった人のやり方を真似してしまえばいいと思います。自分の前にやる人がいないという場合はそういうわけにもいきませんが、大抵の場合はこの方法で乗り切ることができます。また、恥ずかしがらなくても、仏事のマナーは詳しい人の方が珍しいものです。大切なことは、故人に対しての弔いの気持ちを伝えることです。なので、あまり肩肘張らずに行ってもいいかと思います。マナーは大切なことですが、そればかりを気にしていたのでは、本来の目的を忘れてしまいます。失礼なことをしなければ、多少の間違いには寛容になりましょう。

最近の急上昇ワード中古車関連のハナシは、ココをブックマークしましょう

Copyright (C)2017葬儀のお焼香の手順を学んだこと.All rights reserved.