葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀のお焼香の手順を学んだこと
葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀の時のお焼香について

PAGETITLE
葬儀をする時必ずお香を焚きますがその意味はお香の臭いによって体と心を清めるのだそうで、お焼香とはそのような意味なのです。お焼香を発ってする場合と座ってする場合がありますが、宗教的な意味の違いなどではありません。座ってする場合は座敷などで葬儀をする場合、つまり自宅で行う場合などが多いでしょう。立って行う場合はセレモニーホールなどで行う場合になります。そしてもう一つ回し焼香と言う方式があります。座って焼香を行う場合、住職がお経を読んでいる間焼香する箱が回ってきますがそれが回し焼香です。通夜や告別式に出席して焼香の回数に戸惑った事はあるのではないでしょうか。ネットで見ていても香をつまんで3回に分けて焼香するやり方と一回で済ませるやり方があります。基本的な宗派の違いによってやり方が違うのかと言えば、それは宗派によって違いと言うことも言えますが、ほとんどの宗派は、焼香の回数は決まりごとはあるのですが、厳密ではありません。例えば曹洞宗は2回と言われています。一回目は押し頂いて、二回目は押し頂かない、この作法が決められているみたいですが、曹洞宗の葬儀に行ってもほとんど3回する方が多いと思います。

葬儀でのお焼香はその回数なども大事ですが、焼香する際一番大切なことは心を込めて押し頂くことではないでしょうか。この作法はお香を右手でつまんで額の高さまで持ってきて、その手を上にむけることです。その際故人をしのんで気持ちを込めることが重要ではないでしょうか。

最近の急上昇ワード中古車関連のハナシは、ココをブックマークしましょう

Copyright (C)2017葬儀のお焼香の手順を学んだこと.All rights reserved.