葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀のお焼香の手順を学んだこと
葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀のお焼香について

PAGETITLE
葬儀では故人を弔うためにお焼香が行われます。通夜、葬儀、告別式、法要では祭壇または仏壇に供えます。通夜や法要では棒状の線香に火をつけて備えますが、葬儀や告別式で使うお焼香は抹香といって粉末状になったお香を使います。お焼香には清めて故人の魂が成仏するようにお祈りする儀式の意味合いがありますが、キリスト教式の葬儀の場合にはお焼香は行わない場合もあります。お焼香をする事は異教の偶像崇拝にあたるという考え方があるからです。

葬儀や告別式では僧侶がお焼香を行った後に続いて遺族、親族、一般客の順に続けてお焼香を行います。葬儀に初めて参列した人やあまり慣れていない人は前に出てお焼香をするのは緊張するかもしれませんが、お焼香のやり方を知っておくとスムーズに行うことができます。一般には立礼焼香が行われます。焼香台の前で僧侶と遺族に一礼した後に焼香台の前で一礼し、合掌してから親指、人指し指、中指の3本の指で抹香をつまみます。そのまま抹香を目の高さまで持って行って香炉の中に抹香を落とします。合掌してから一礼し焼香台から下がって遺族に一礼します。抹香をつまんで落とす回数は宗派によって異なります。宗派によって1回〜3回と違いがありますが、分からない場合は前の人や周囲の人と同じように合せておけば差し支えないはずです。左手に数珠を持ち右手でお焼香を行います。立礼焼香のほかには座礼焼香、廻し焼香があります。厳密には宗派によって線香の本数や作法が決まっているようです。

最近の急上昇ワード中古車関連のハナシは、ココをブックマークしましょう

Copyright (C)2017葬儀のお焼香の手順を学んだこと.All rights reserved.