葬儀のお焼香の手順を学んだこと

葬儀のお焼香の手順を学んだこと
葬儀のお焼香の手順を学んだこと

知っておきたい葬儀時のお焼香の所作

PAGETITLE
葬儀時の作法は複雑なものが多く、苦手とする人も多いようです。特に葬儀に出席する経験をあまりもたない若い人にとってはひじょうに分かりにくいことが多いようです。その一つがお焼香。焼香とは葬儀時に故人に対して弔いの意を込めて香を焚く行為です。

焼香に関してお悩みの方が多い一つの要因として、作法が宗派によって異なる、ということがあると思います。香を焚くこと自体はほとんどの宗派で行っていることですが、たとえば香を頭にかざす回数には違いあります。また、かざし方にも違いがあるようです。宗派の数が多いのでここではすべての宗派の作法を照会できませんので、この点に関して不安な方は、参列している年配の方に聞いてみるのがいいかもしれません。ここでは、どの宗派にもある程度共通している基本所作を紹介したいと思います。

まず、焼香の順番が回ってきましたら、遺族の方々、お坊さんの順番に一礼をします。そして遺影を見つめてから1歩焼香台の方へ歩みます。一度合掌し、焼香を行ってください。焼香が終わりましたら、もう一度遺影に向かって合掌します。合掌が済みましたら数歩下がって改めてご遺族の方々とお坊さんへ一礼をします。ここまでが一連の所作になりますが、動作や所作が一部抜けてしまっても慌てる必要はありません。葬儀とは故人の冥福を祈る場ですので、所作よりもむしろそういった気持ちでのぞむということが大事なわけです。ちなみにこれはとあるお坊さんがおっしゃってくださったことです。一つ一つの動作にはもちろん宗教的な意味があるのでしょうが、葬儀本来の意味の方がもっと大事だということでしょう。

Copyright (C)2017葬儀のお焼香の手順を学んだこと.All rights reserved.